地方は車があれば出会ったその日にエッチも簡単にできます

転勤で東京から関東の地方に配属になってしまい、知り合いも全くいない中で適当に遊ぶ相手が見つかればと思って使い始めたのが出会いアプリのきっかけでした。

すこしびっくりしたのは地方なので登録している人も少ないのではと思ったのですが、意外なことに20代30代の女性もたくさん登録していました。

そのときは東京に彼女もいたので、本当に遊ぶ相手探しで利用していました。

東京にいたときも何度か出会いアプリは使ったことはあったのですが、地方で使ってみて思ったのは東京よりも女の子に会うことが簡単ということです。

東京は登録している女性の数も多いですが、当然その逆で男性の数も多く、そんな簡単に出会えないという印象を持っていたのですが、地方は数回のメールのやり取りですぐ会えるということもざらにありました。

ただ、地方なので会うまでに距離的に時間がかかる場合が多かったですが車があればその点は解決できますし、車であれば話が合えばそのままホテルに直行もできます。

お酒が飲めない分余分なことをすることがないので、出費も抑えられますし、仮に思った子でなければそのまま車でその場から逃げてしまえばいいだけということもあり、週末が暇だと思えばその数日前からサイトでアタックすれば何らかの結果が週末に出ることが多かったです。

ただ、エッチしてすぐに終わりになるかどうかは人次第のところもあり、結局は遠距離だった彼女と別れてしまい、出会いアプリで出会った子と付き合う形になってしまいました。

その子とは1年以上付き合ったけども、また自分の転勤を機会に別れました。

転勤先についてきそうな雰囲気があって少し焦りましたが、無事一人で転勤ができ、今もその転勤先でこりずに出会いアプリでセフレを探し続けています。

こんなにコスパよく女の子と遊べてエッチまで持ち込める方法はありません

自分の出会いアプリの使い方は、週末などで時間が空いて遊ぶ相手がいないときに、出会いアプリで気になった女の子にかたっぱしからメールを送って返事を待つという使い方です。

このやり方は一見すごく無駄があるようにも見えるのですが、出会いアプリを何年か使ってきて、このやり方が女の子から返事をもらう方法で一番効率がいいとわかったからです。

それまではプロフィールを読んで、相手ごとに文章を変えたりするなどの工夫をしていましたが、なかなか返信をもらうことができませんでした。

ある時に偶然返信をもらえて会った女の子に、女の子は自分のプロフィールを特に書いていなくても何十通というメールが男からきて、途中で読むのもめんどくさくなって、フィーリングがあいそうだと思った人に返事をするという話を聞いて、それからはとにかく内容が目立つように短い文章で、それでも怪しさは見せないシンプルなメールを送るようにしています。

結局きれいごとを言っても会えばエッチに持ち込みたい気しかないわけですし、相手の女の子もそれをわかって登録してきているので、返事がくれば何回かメールのやり取りをして直メールかLINEに移行するようにしています。

ここで直メールやLINEのやり取りを渋る女の子だとあきらめて次を探すようにしています。

会えば半分以上の確率でその日のうちにエッチに持ち込むことは可能です。

自分の会うまでのお金をかける目安はポイントで1000円程度です。

最初にたくさん送るメールにかかる費用を入れても3000円程度です。

3000円で女の子とエッチができれば安いもので、このほかのやり方でこんな効率よくエッチまで持ち込む方法は無いと思います。

世の中にはもっとお金をかけずにエッチに持ち込んでいる人もいるのかもしれませんが、外見もいたって普通の自分としては今のやり方で満足しています。